病院紹介 - 上田病院について

ごあいさつ

母と子の上田病院のホームページへようこそ

この度は母と子の上田病院のホームページにご訪問いただき、ありがとうございます。
神戸市中央区に位置する母と子の上田病院は、昭和23年(1948年)に誕生し、地域の皆様に助けていただきながら、現在に至ります。病院長の私も含め、約30,000人の新しい生命が当院にて誕生しております。
当院の特徴は、産婦人科と小児科がしっかり連携しているところです。女性のトータルサポートは勿論のこと、生まれてすぐの赤ちゃんの安全処置や、赤ちゃんが成人するまでの身体や心のケアを行っております。
心地よいデザインに明るい雰囲気の施設、高いレベルをもったチーム体制、安全に安心して出産いただけるようすべてのスタッフが心のこもったサービスを目指し、新しい生命の誕生を無事に迎えられるようお手伝いをしています。
どうぞ安心して、お気軽に母と子の上田病院までお越しください。

病院長 上田大介

産婦人科と小児科の連携

妊娠から出産・育児。それぞれの時期に適切なサポートを。

上田病院では、産科と小児科が連携することにより、より安全に安心してご出産をしていただけるようサポートしております。出産前のお腹の赤ちゃんの状態をきちんと把握し、もしもの事態に備えて小児科医師が待機しておくことで、出産直後に迅速な措置をとることができます。
また、出産後の健診や予防接種、心身のご相談など、当院で一貫してサポートさせていただくことで、スムーズに心と体をケアしていただくことができます。

産科と小児科の連携

他病院との連携

母体の急変にも迅速に対応。

上田病院では、稀な母体の急変により高次医療が必要となり、当院での対応が困難と判断した場合には他病院との連携により迅速に対応させていただきます。

他病院との連携