病院紹介 - スタッフ紹介

産婦人科医師

上田 大介 UEDA DAISUKE

2011年の8月1日より産婦人科医師として上田病院に赴任し、安全で温かみのある診療を心掛けています。
数年間は麻酔医師としても研修して来ましたので、無痛分娩をご希望される患者様のご相談にもお応えしております。上田病院でも無痛分娩される患者様は増えて来ましたが、個人的には出産方法にこだわりはありません。自然分娩、無痛分娩、帝王切開術どれも素晴らしい出産方法だと思っております。母児ともに元気かつ安全に出産することをサポートしていきたいと思っております。
この上田病院で約40年前に産まれ、神戸にて育ち、神戸にはたくさんのお世話になった方や友人や知り合いの方や患者様がいます。私とほんの少しでも関わったことがあるならば、気軽にお声をかけていただければ嬉しいです。
趣味はランニングで、毎年フルマラソンに参加し3時間30分を目標に日々練習に取り組んでおります。家族は息子と娘が一人ずつおります。見事な親バカぶりを発揮しております。

写真:上田大介

宮本 和尚 MIYAMOTO KAZUNAO

2015年10月から産婦人科医として上田病院に赴任して参りました。
これまでの公立豊岡病院で5年間、神戸市立医療センター中央市民病院で7年間の勤務経験を生かして、安全でかつ安心していただける医療を皆様に提供できるよう努力して参ります。明るく、話しやすい雰囲気を心掛けておりますのでお気軽にご相談下さい。
出身は芦屋市で、現在2児の父親です。子供の無邪気な笑顔と、可愛い寝顔に癒されております。趣味は野球で、たまに草野球で体を動かしています。小さい時から阪神とオリックスのファンです。早急な目標はダイエットです。写真を撮るときにどれだけ小顔にしてもらうか考えましたがダメでした。お会いする時には一回り顔が小さくなっているはずです。

写真:宮本和尚

國久 有香 KUNIHISA YUKA

2014年4月より上田病院に勤務し、3年目となりました。
最近では、以前に妊娠・出産で関わった患者様とまた外来でお会いする機会もあり、大変嬉しく思っております。今後もより一層、安心・安全な医療を提供出来るよう精一杯努めていきます。
プライベートでは、まだまだ手のかかる息子達の育児に追われています。
妊娠・出産という人生でも素晴らしい出来事に携われる事を光栄に思っています。また、ちょっとした事でも気軽にご相談して頂けるような丁寧な診察を心掛けて参ります。

写真:國久有香介

上田 緑郎 UEDA ROKURO

私が中学生だった頃私の母は入退院を繰り返しており、その頃既に父は亡く、私が母の退院に付添うことがありました。
ある時母の退院時「主治医の先生にこれを持っていくように」と母に熨斗袋を渡されました。その時の主治医だった先生はいつも無愛想で怖い表情をしていました。
私は中学生ながら、その袋の中身が謝礼であることを察しましたが、日頃言葉数の少ないあの医師がこんなものを受け取ってくれるのか不安に思いながら、その先生に面会を請いました。
先生は私が今まで見たことのなかったような満面の笑顔で、その袋を受け取りました。

今から50年前の話です。
今でも医者は私を含め、一般的に尊大な人間が多いかもしれませんが、当時は今以上に医者は横柄で不遜な人が多かったように思います。

中学生だった私が接した一人の医師の態度が、私の半面教師になったのかも知れませんが、25年前私が当院の院長を任された時、私程度の医者が院長になっては人に自慢できるような立派な病院は出来ないのかもしれないが、何とか患者さんに信頼されるような、当たり前でいいから、人に恥ずかしくない病院。そして患者さんにとって居心地の良い病院を作りたいと念じました。
私の思い描いた病院に近づいたとはまだまだ言えないかもしれませんが、若い今のスタッフ達がそういった病院作りを目指して日夜頑張ってくれていると感じています。

それでも、今も患者さんからアンケートでおしかりの言葉をよく頂きます。

「人に恥ずかしくない信頼される病院」というのは、口で云う程容易い目標ではないとつくづく思います。
私自身は2年前に病院の全ての役職を辞し、日々老いぼれになっていきますが、産婦人科医として一人でも多くの患者さんの笑顔を見られるように、もうしばらく頑張ろうと思っています。

写真:上田緑郎

上田 眞知子 UEDA MACHIKO

この病院を選んで頂いて、有難うございます。

私は当病院で平成元年より勤務しておりますが、早いもので28年が経過いたしました。
最初は妊娠が御縁で来て頂いた患者様達が、その後引き続き女性としてのライフステージに沿っての種々の問題を抱えて来て頂いている事に、本当に深く感謝しております。
私達の病院で解決できる事はお手伝いし、かなり重大な問題をお持ちの方々には高次の病院を御案内したいと思います。
又、妊娠の健診、分娩を希望されている患者様にも微力ながらお手伝いをさせて頂きたいと思います。
妊娠期間中、嬉しい事、楽しい事、苦しい事、心配な事を数多く経験されると思います。
妊娠・出産は病気ではなく、人間の自然の営みです。
しかし、十月十日の間には考えもしない様な問題が生じることがあります。
小さな問題から大きな問題まで、一つずつ解決出来る様にお手伝いしたいと思います。
どんなことでも相談して下さいね。

写真 上田眞知子

上田 真太郎 UEDA SHINTARO

私が当院に帰ってきてから、約8年が経ちました。多くの患者様と出会い、様々な素敵な分娩に立ち会わせていただき本当に幸せな8年間でした。平成26年4月より、実父の体力的な衰えから、神戸市北区にあります実家のクリニックに戻ることとなりました。これまで通ってきてくださった患者様方には大変ご迷惑をおかけすることとなり、本当に申し訳なく思っております。
当院での外来枠は、月曜日の週1回と縮小していますが、この限られた時間の中でも、お会いする患者様との時間を大事に診察していきたいと思っています。
たまに、当直にも来ているので、夜中にお会いすることがあったら驚いてください。お産を盛り上げますよ。楽しいお産にしましょう!

写真:上田真太郎