病院紹介 - スタッフ紹介

小児科医師

上田 達郎 UEDA TATSURO

私は子供が三人いますが、末っ子は今年21才になります。もう抱きしめることも、頬ずりすることもできません。神様が許してくれるなら、もう一度、子供達が幼稚園に行くか行かないか位に戻りたいです。
しかし、まだ私は恵まれていると思っています。仕事上、赤ちゃんから大きくなった子供まで、可愛いさかりの子供達を相手にできるのですから。
この子供達が、幸せな人生を送れるように、全力を尽くしていきたいと思っています。

写真:上田達郎

上田 剛 UEDA GO

2014年の4月より小児科医として上田病院に赴任しております。
私が生まれ育った神戸で、周産期医療ならびに小児科診療に携われる仕事ができ非常にやりがいを感じています。どなたでも相談していただけるような環境作りを心掛けています。
私事ですが2012年に長男が誕生し、日々子どもの成長には驚かされております。
趣味は食べることでしたが、最近まるまるしてきたので体を動かす趣味を見つけようとしているところです。

写真:上田剛

桝屋 紅実子 MASUYA KUMIKO

上田病院に勤務して、はや8年以上経ちました。
院内でよちよち歩きをしていた長女も小学生後半にさしかかり、そのあと授かった次女、三女もめきめき育ち、時の経つ速さに驚かされます。
上田病院は、生まれた時から思春期までずっと成長を追って見せていただくことができるので、私も親の気持ちでお子様たちの成長を喜ぶことができて幸せです。
じきに「ばば」の目線で見るようになるかしら?と思いつつ、今日も懸命に診療しています。

写真:桝屋紅実子

南 麻衣子 MINAMI MAIKO

幼少期、自分のお腹いたを治してくれた医師に憧れ、また子供が好きで小児科医になりました。小児医療に携わることで、時には辛い現場に直面することもありましたが、病気が治って元気に手を振る子供たちを見る度に、小児科医になって本当に良かったと思います。
今までの病院勤務で様々なことを学びましたが、患者さんとその家族の方々が一番の先生でした。これからも、子供たちの出す小さなサインを見逃さないよう、丁寧な診察を心掛けていきます。
私自身、子育てで鍛えられる毎日ですが、未来ある子供たちの笑顔を守るために、お母さんの気持ちになって日々の診察にあたりたいと思います。宜しくお願いします。

写真:南麻衣子